喉の炎症が口臭の原因に!?

小学生の頃に母から口臭を指摘されて以降、口臭は常に悩みの種でした。

 

特に歯を磨いていないわけでもないし、何か匂いのするものを食べたわけでもないし、理由が分かるまでが特に大変でした。
どうやら口臭の原因は喉の炎症のようでしたので、それが分かって以降は少しでも風邪をひいたと思ったらマスクをするなど、気を付けてきました。

 

喉の炎症が口臭の原因だと分かった後も、リステリンやオーラツーの口臭スプレーなどを買って試してみました。
なんせ喉の炎症が口臭の原因ということになると口の中の匂いをごまかしたところで口臭が消えるわけではありませんでした。

 

なので、風邪をひいたと思ったら自分は口臭がする可能性があると思い、マスクをしたり、そもそも人に顔を近づけて話さないように気を付けてきました。

 

風邪をひいたら口臭がしてしまうということは、むしろ風邪を治す以外は口臭を改善する方法がないためちょっと厄介です。
しかし小さい頃から口臭を指摘されてきたおかげで、話す時の人との距離感を考えられるようになりました。

 

あまり顔を近づけず、または風邪をひいていると自覚がある時にはさりげなく口にハンカチを当てて話したりと、配慮できるようになったと思います。